正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2011:10/25/00:10  ++  11 菊花賞・・・全逆性の証左


揃目での3冠馬誕生となった今年の菊花賞。

配当的にも1番人気であった為、馬券を獲られた方も多かったであろう。
勿論、主催する会員版正道競馬でも馬連1点のみの提示であった。


今回の菊花賞,秋華賞については、2月初旬に発売の競馬大予言にて詳細に説明予定。

JRA競馬が行うオペレーションとは何か?

決して他の書籍,サイトでは見ることが出来ないその意匠を、客観的な見地から解説します。

 

ところで、私は今年の秋華賞,菊花賞の前に、当サイトで1着馬についての予見をしていた
9月28日付「11 秋華賞,菊花賞の決着」がそれである。


秋華賞が10月16日,菊花賞が10月17日であるから、この記事を更新した時点では勿論未だ詳細な出走馬は不明である。

詳細な出走馬不明な時点での優勝馬予測は、競馬大予言でも慣らされているのだが、不確定要素を加味しても的中率を挙げてこその正道競馬だと自負している。


さて、その9月28日付記事に於いて、私は以下のような問い掛けをした。


【添付始め】


どちらにしても、数週間後の3歳GⅠ戦では牝馬と牡馬で全逆の結果が待っているであろう。
今年の3歳戦の流れが、そして秋季トライアルの結果がそれを厳然と教えてくれている。


【添付終り】


貴方には、秋華賞優勝馬アヴェンチュラ,菊花賞優勝馬オルフェーヴル、この2頭の戦歴がどのように映っているのだろうか?

興味を持たれたなら、今更ではあるが挑戦されると良いだろう。

私が数週間前に予見したように、彼らの戦歴は全逆のものだと多くの方が実感出来る筈だから。

今年の菊花賞出走馬中、オルフェーヴル程にアヴェンチュラの全逆性を所持した馬はいないのだから。

 

 

勿論、上記観点のみが、オルフェーヴル菊花賞制覇の秘密だというのではない。
これも、様々な観点の1つに過ぎないのだが、これらも含めて次々号では紹介する予定。

 

◆ 御連絡 ◆

11月正道競馬の会員募集中です。

また、既に再来月の参加問合せがありますが、12月単月の募集は致しておりません
12月正道競馬の参加対象者は、11月正道競馬の参加者及び今年度(1月以降)参加経験者のみとさせて頂きます。

※昨年以前に参加経験があり、今年度未参加の方の12月単月での募集は行っておりませんので御了承ください。

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+