正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




10 2017/11 1 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

:2012:09/18/19:26  ++  12 秋季GⅠ戦トライアル競争


秋季GⅠ戦トライアル真っ只中。

ここまで3戦が消化されているが、その全戦が同様の結果となっている。

 

秋華賞トライアル「紫苑S」 1着 パララサルー ※単勝1番人気

秋華賞トライアル「ローズS」 1着 ジェンティルドンナ ※単勝1番人気

菊花賞トライアル「セントライト記念」1着 フェノーメノ ※単勝1番人気

 

全戦が、その1着馬を単勝1番人気から指名している。

会員版正道競馬で事前提案をしたのは、重賞のローズSとセントライト記念。


事前提案の主な検証はローズSであったが、同レースの注目は出走取消馬の発生となっていた。


8枠 10番 ハナズゴール ※ 優駿牝馬7着


同馬の出走取消によって、今年のローズSが「枠連6-6」の揃目が決定的となった今年なのだ。

興味を持たれた方は、是非とも調べてみて欲しい。
今年出走を取消したハナズゴールが、どんな個性を有した馬であったのかを。

ローズS出走組だけではない。
ハナズゴールだけが持っている個性。
そこに注目なのだ。

裏を返せば、ハナズゴールは出走取消となる為に、今年のローズS出馬表に用意された唯一の3歳馬であるということが言える。

 

そして、ローズSの揃目を受けて行われた、翌日のセントライト記念。

ローズSが揃目で決したからこそ、セントライト記念ではフェノーメノの優勝に確信が持てた今年と断言出来る。


先日、次号競馬大予言の原稿を入稿した。
次回は、菊花賞について取り上げている。

何時ものように、具体的な馬名を1頭挙げているので、興味を持って頂けた方はそちらを御覧頂きたい。

ここまでのトライアル戦の結果は、間違いなくそのコラムに予見出来ている筈だから。

 

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+