正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




01 2018/02 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 03

:2014:01/21/02:46  ++  14 京成杯・・・□地馬故の


6枠の1着、相手は18番本線に6番,1番の3点


午後から、単勝人気の想定が外れたために保険を増やしたが、当初の結論は上記のものであった。


1着馬□地プレイアンドリアルを含む6枠が、今年の京成杯では強烈な個性を放った1着枠。

そして、その1着性は前週のシンザン記念が教えてくれていた。
単勝1番人気,2番人気の決着で、誰もが獲れた今年のシンザン記念。


しかし、この先週のシンザン記念の決着を本当に理解していたならば、京成杯で少なくとも6枠の1着枠は特定出来なければ嘘だろう。


馬連ではなく、馬単


シンザン記念で2着に特定したウインフルブルーム。
彼こそが、6枠の1着枠を教えてくれていたのだ。


シンザン記念2着馬ウインフルブルームと、京成杯1着馬プレイアンドリアル。
この2頭には、決定的な共通点があった。
その共通点に気付かれていたであろうか?


唯一の、朝日杯FS出走馬!?


そうでは無い。


13 朝日杯FS 3着枠

13番プレイアンドリアル ※京成杯1着

14番ウインフルブルーム ※シンザン記念2着


唯一の朝日杯FS出走馬ではなく、3着枠馬がシンザン記念,京成杯の連対枠を受け持ったのだ。

勿論、会員版では連対などという曖昧な表現は一切しない。
馬連という馬券のフォーカスを提示するのは、配当を勘案しての揃目くらいなのだから。


ローズS → シンザン記念 → 京成杯

という図式が成立した今年であった。


私の馬券は、6枠同枠馬アデイインザライフから行って敗退・・・。

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+