正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2007:09/20/03:52  ++  07 秋華賞トライアル

現在発売中の「競馬大予言」でも取り上げたので、有料会員版での正道の見解と、その理由を少し。


紫苑Sは、文中で01年のローズSでの「枠連8-2の何れか」を推した。
そして、有料版での結論は、2枠ラブカーナの軸を推奨。
結果は、2-2のぞろ目となった。

ラブカーナ連対の理由は複数存在するけれど、大予言での内容から導けるものを1つ。
ブログでの内容の一部を、そのまま添付してみる。


「フローラからスイートピー」へと、その役割が受け継がれた可能性を考慮すると、2枠3番ラブカーナのスイートピー2着が光って見える。


01年 レディパステル・・・フローラ2着~オークス1着~紫苑1着

07年 ラブカーナ・・・スイートピー2着~オークス3着~紫苑


振り返ってみると、正道には珍しく着順を特定出来なかった理由の一端が、枠連2-2のぞろ目にあった。
因みに、この紫苑Sで馬券から真っ先に斬ったのは、1番人気のミンティエアーであった。
この馬を購入してしまっては、今回の距離変更の意図が全く無くなってしまう。
最も容易に切れる、1番人気馬であっただろう。


これを受けて、翌週のローズS。
週半ばに、紫苑Sの後検証とともに、1頭のローズS出走馬を推奨した。

「ベッラレイアの2着鉄板のローズS」

そして、最終結論としては、「ダイワスカーレットが1着ならば、2着ベッラレイアの可能性濃厚」というものだった。
ダイワ1着の理由をここでは書かないが、「もしローズSの1着にダイワを選らなければ、2着にベッラレイアが粘ることは無かった」とは断言出来る。

馬券対象として、絶対に購入してはいけない馬として、ピンクカメオを挙げた。
この馬が3着にでも入ろうものならば、「番組表の存在理由が無い」と説明。

反省点は、出目の1枠でもある、ザレマを斬れなかったことだった。
同馬の、「忘れな草1着歴」が嫌らしかった今年のローズS。

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+