正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2016:04/07/01:33  ++  16 産経大阪杯・・・(産経)大阪杯


いよいよ週末からG1戦が本格化。 その口火を切るのは、御存知の阪神競馬・櫻花賞。


しかし、この恒例も来年は変化が起こるかもしれない。
(産経)大阪杯の報道は、競馬ファンには周知の事実なのだろうか。


勿論、春季競馬番組も未だ終えていない現時点で正式な決定事項は何もなく、この報道の真偽は不明ではある。
しかし、今年の競馬の流れ等の周辺事情を確認すると、どうやらこの報道は単なるガセでは無く感じる。
恐らく、(産経)大阪杯は来年G1戦へと昇格する筈である。


先週末の産経大阪杯は、来年のG1戦昇格を見据えて検討する必要があった。
来年G1戦入りする同重賞の、今年の「立ち位置」の特定。
それが、1着馬を抽出する重要な要件であったことは間違いない。


11頭立の今年の産経大阪杯に於いて、単勝2番人気となった9番アンビシャス。
そのアンビシャスの2番人気に迫ったのが、単勝3番人気の3番ヌーヴォレコスト。


16 産経大阪杯 11頭立 単勝2番人気争い

3番 ヌーヴォレコルト (大外9番)

9番 アンビシャス (最内9番)


今年の産経大阪杯では、「単勝2番人気・9番ゲート」が必至の状況であった。
この「単勝2番人気・9番ゲート」が、産経大阪杯の今年の「立ち位置」を示唆してくれていた。


阪神大賞典 単勝2番人気 大外9番 トーホウジャッカル

日経賞 単勝2番人気 最内9番 ゴールドアクター

産経大阪杯 単勝2番人気 最内9番 アンビシャス


今春の天皇賞(春)トライアル3戦、全てが「単勝2番人気・9番ゲート」で統一されたのは来年の(産経)大阪杯への重要な指針となっている。

これらトライアル3戦・阪神大賞典シュヴァルグラン,日経賞ゴールドアクターに、産経大阪杯のアンビシャス。
上記3頭は、全く同一の戦歴馬なのだ。


先週の産経大阪杯をゴール前で菊花賞馬キタサンブラックを差すのは、阪神大賞典でシュヴァルグランがタンタアレグリアを抑えて勝利するのと全く同様。


15 菊花賞 1着枠

1着 キタサンブラック 

同枠 タンタアレグリア


ブログ更新を怠けていた為、会員版継続の有無の問合せを多く頂いているので4月正道競馬の御案内を。


4月正道競馬

産経大阪杯 ※更新済み

櫻花賞

皐月賞

読売マイラーズC or フローラS

天皇賞(春)


以上の更新を予定しています。


御参加御希望の方は、下記リンクから御問合せを。


http://form1.fc2.com/form/?id=73781

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+