正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2017:04/05/00:36  ++  17 大阪杯・・・「1着賞金」1億2千万円の訳


昨年の勢いそのままに・・・というより、物語の終章に向かって重要な責務を負うキタサンブラックの激走。


同陣営が、年明け初戦をこの大阪杯へ照準を当てた段階で、キタサンブラックの優勝は決まっていた今年
正道競馬での推奨馬券は、何時も馬単馬券。
5番キタサンブラックから如何に点数を絞り、馬単を推奨するかが今年の勝負。


そのカギを握るのは、昇格G1大阪杯の施行条件にあった。

【57K定量戦】 「1着賞金」1億2千万円

天皇賞(春),宝塚記念に遠慮しての、58K定量ではなく【57K定量戦】であるのはまだ良いだろう。
しかし、1着賞金がたかだか1億2千万円というのは、どうしたものだろう。


他の、古馬・中,長距離G1【57K定量戦】を振り返れば、昇格G1戦のそれは余りに貧相ではないか。
そこに、今年の2着馬選定のヒントが隠されていた。


馬単3点推奨とした、今年の大阪杯。
馬単 5→7,5→13,5→4

高松宮記念同様に、3点目の的中というのがまたしても微妙だが、3千円~5千円の馬単配当であれば良いのではないか。


週末は、いよいよクラシック初戦櫻花賞。
古馬・中,長距離戦同様に、「今年の3歳戦のテーマ」が何かは分かっている。
週末からのクラシックも、当然そのベクトル上で結果を出すことだろう。


「4月正道競馬」会員募集中

応募は、以下のリンクより御願い致します。

※アドレスの受信設定には御注意を。

http://form1.fc2.com/form/?id=73781

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+