正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2008:12/02/23:13  ++  08 天皇賞(秋)・・・【118】の意味


会員向けにレース当日更新する事前提案では、ディープスカイの1番人気を想定していた今年であった。
それは御存知の通り、今年の天皇賞が【牡馬,牝馬】の看板を下げたことに起因している。

つまり、【1着賞金・1億3200万円・G1戦】という括りで考えれば、今年の春天と秋天そして宝塚記念の3戦は同一レース群と捉えることが可能であるからだ。


08年 1番人気馬

天皇賞(春) 13番アサクサキングス(大外2番)

宝塚記念 2番メイショウサムソン(最内2番)


先行2戦で、最内と大外の2番を1番人気に飾り立てた意匠が、今年の秋天でも再現される可能性があると考えていたのだ。


天皇賞(秋) 2番ディープスカイ(最内2番


しかし結果的には、ディープスカイの1番人気獲得は不発に終わった。
では、私が想定していた【春天~宝塚記念~秋天】という一連のリンク自体が、妄想の産物であったのだろうか?

その答えを、主催者がレース後に発表する重賞競走レーティングで確認出来る。
以下のリンクで、今年の上記3レースの勝馬が与えられたレーティング値を確認して欲しい。


春天 

http://www.jra.go.jp/datafile/ranking/jyusyo/2008/05-g1.html

宝塚記念

http://www.jra.go.jp/datafile/ranking/jyusyo/2008/06-g1.html#4

秋天

http://www.jra.go.jp/datafile/ranking/jyusyo/2008/11-g1.html#1


彼らのレーティング値が全て同一な理由を、他に客観的に説明出来る材料が存在するのだろうか?
以下のサイトで2001年以降における、主だった重賞のレーティング値の確認が可能である。
興味のある方は調べて欲しい。
今年この3レースに起きた「レーティング同一化現象」が、過去に有り得たかどうかを。


http://jra.jp/datafile/ranking/jyusyo/index.html


そんな年度は、一度として存在しないことが解るだろう。
春天と秋天の勝馬さえもが、同一のレーティング値を与えられたことさえないのだから・・・。


最後に、この春天~秋天のレーティング値を確認した時に、疑問を持たれる方がいるかもしれない。
今年の秋天だけが持つ、レーティング値の異変を。
しかし、それこそが主催者の揺ぎ無いオペレーション管理の表現なのだ。

冒頭でも触れた、今年のディープスカイが1番人気を獲得出来なかった理由も、実はここに起因しているのである。

 

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+