正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




10 2018/11 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 18 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 12

:2009:01/19/04:16  ++  09 京成杯・・・「論拠」についての認識


シンザン記念に続き、本線で特定に成功している京成杯について少々。

京成杯を考えるにあたって、会員には毎年少しずつ紹介していることがある。
それは、この京成杯が前週施行のシンザン記念と、「表裏の関係」にあることを認識することが重要であるということ。

「そんなことは当然、何を今更・・・」という中,上級者の方も、きっと多くいるのだろうと思う。

しかし、そんな方達にこそ敢えて問いたい。
では、その当然と考える論拠は何なのだろうと。

まさか、「両レースは、同日施行の歴史を持っているから」なんて、何処かに書いてありそうな10年以上前の通説!?を、私に説いてくださる方がいるのだろうか?
残念ながら、そんな場所に真実は埋まっていないのだ。
両レースが持つ、決定的な蜜月関係の「論拠」については、それらとは全く異なるチャンネルに存在していると断言出来る。

これについては、正道会員の財産ということで問題提起までにしておくが、興味のある方は挑戦してみては如何だろうか?
本当の意味での、「番組探訪」のキッカケになること請け合いである。

「論拠」なんて関係ねぇ~
両レースがセットの関係だと考えていれば、「論拠」に何の意味がある。

そう考える方は、正道競馬とは一生無縁の方だろう。
また本当の意味でのオペレーションを、1つとして理解していないことが断言出来る。
「論拠」こそが重要なのだ。

何故ならその「論拠」を背景にして、主催者のオペレーションは構築されているのだから。
そしてJRA競馬の各レースが、「点」としてではなく「線」として施行されている以上、その「論拠」を根拠にしたオペレーションはシンザン記念,京成杯のレース結果に留まらず、他のレース結果にも影響を及ぼすことが想定可能なのだから。

話が逸れてしまい、本意ではない抽象的な話題になってしまったので今回はここまで。

次回は、今年の京成杯がシンザン記念との蜜月関係をどう表現したのか。
あくまで会員版での配慮を前提に、レース事前,事後の両面で展開していきたい。
 

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+