正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2009:01/23/00:14  ++  09 京成杯・・・○地馬出走の意味


前回に続き、今回はシンザン,京成の蜜月関係の証明をレース前,レース後の両面から少し紹介したい。

レース前という意味では、出馬表がその典型ということになるだろう。
両レースの出馬表に存在していた共通性。
これについては、お気付きの方も多いと思う。
11番ゲートの○地馬の存在である。

ともに11番ゲートに、○地馬が配置されていた今年の両レース。
そこに注目された方もいらっしゃるだろう。
しかし、それには若干の疑問が残らなくもない。
京成杯の○地馬1頭に対して、シンザン記念にはもう1頭の○地馬が出走していた。
つまり、シンザン記念には2頭の○地馬が存在していたのだ。

何故、京成杯単独出走の○地モエレビクトリーは、7番トップオブピーコイのゲートではなく、11番モエレエキスパートのゲートを受け継いだのだろうか?
出目論者だろうと、戦歴オタクだろうと、サイン派馬券師だろうと関係ない。
○地馬に注目するならば、11番ゲートの共通性に注目するのならば、最低限その程度の特定は必要だろう。

京成杯の○地モエレビクトリーが、シンザン記念出走○地エレエキスパートのゲートを択んだ理由は実は簡単だ。
これら2頭の○地モエレが、その競走(シンザン,京成)が自身初となる○地を背負ったレースであるということなのだ。
つまり○地馬としての初出走戦が、シンザン記念であり、京成杯であった【11番○地】の理由なのだ。

そう認識し比較すれば、シンザン記念出走のもう1頭の○地馬トップオブピーコイの戦歴が如何に真逆のものであるか解るだろう。
彼はこのG3に出走する以前から、○地馬として上級戦JpnⅡデイリー杯に京王杯、そしてJpnⅠ朝日杯FSにまで出走しているのだから。

しかし、それがどうしたのだろう?
ただ単に、JRA初出走となる○地馬が両レースで同ゲートを与えられたことが一体何なのだ?
見た目の現象で例えそれに気付いたとしても、実はそこから得られる馬券的情報など殆どないのだ。

重要なことは、「何故○地馬を同ゲートに仕立てあげる必要性があるのか」という客観的,論理的な説明に他ならない。
そしてその明確な説明の先には、必ず絶対的な連対候補馬が存在しているのだ。
この詳細については、今回の京成杯のキモである為これ以上の説明を省くが、主催者は今年両レースでどうしても○地馬を見せる必用があったことだけは断言しておきたい。

1つヒントを挙げるならば、京成杯の1番人気馬に秘密があった。
会員版正道競馬では、多くの場合検証レースの「1番人気馬」を事前に特定している。
京成杯でいえば、ナカヤマフェスタがその候補であると説明した。


08 東京スポーツ杯2歳S

1番人気 2番 ブレイクラインアウト

1着 ナカヤマフェスタ

2着 ブレイクラインアウト


京成杯が、上記東京スポーツ杯2歳Sの影響にあったことは間違い無い。
理由は、今年故に京成杯が持つことになった個性を、唯一ここまで理解しているのがこの東京スポーツ杯2歳Sをおいて他に存在しないからだ。

結果東京スポーツ杯2歳Sの【1番人気・2番ゲート馬】が、そのまま京成杯でも同様の決着をした・・・・なんて話は唯の傍証に過ぎない。
それは、1ヶ月以上前に書かなければならない雑誌レベルの話なのだ。

最後にレース後、つまりレース結果から振り返った両レースの蜜月関係について簡単に。
今年のシンザン記念の枠連は1-3であった。
この2枠だけが持っていた個性が存在している。
それが何かといえば、【重賞初出走歴】だろう。

シンザン記念の出馬表が手元にあれば、一度確認をしてみては如何だろうか。
1,3枠以外の枠番の出走馬達が、どんな重賞に出走しているのか。
単に重賞どころではない。残る全枠が例外なく、JpnⅠ,JpnⅡの【上級戦・出走歴馬】で埋め尽くされていることに気付くだろう。

一方、それを受ける京成杯はどうであっただろうか?
シンザン記念のような【上級戦・出走歴馬】を出馬表から確認出来るだろうか?
皆無なのだ。
だからこそ、今年の京成杯は上級戦ではなく同ランクの【JpnⅢ戦出走歴】が浮上することになる。

今年の京成杯枠連1-5の両枠以外に、JpnⅢ戦出走歴を有していたのは8枠だけであった。
そこで8枠が連対枠から外れてしまうのは、JpnⅢ戦での着順を考えれば仕方の無いことであった。


 

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+