正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




10 2017/11 1 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

:2009:03/04/00:03  ++  09 アーリントンカップ・・・最速から最遅へ


アイアンルック。
彼の挑戦が意味するものを考えることも、同レースでは有効であった。

勿論その理由については、詳細に会員版にてレース前に説明済みであるが、簡単に申し上げれば同馬だけが持ち得る「ある個性」を、今年のアーリントンカップは1番人気に据えたかったからである。
それでは一体、その「ある個性」とは何であろうか?
それは、彼のデビュー日に隠されている。

今年の出走メンバーを見渡してもらいたい。
彼がデビューをする以後、つまりアイアンルック以降にデビューをした馬が、今年のアーリントンカップの出馬表上に存在していただろうか?
答えは申し上げるまでもないだろう。
同馬は2週間前の小倉を新馬勝ちし、中1週でここに挑んできたのだから。

今年のアーリントンカップは、そうした個性の馬を1番人気に指名したかったのだ。
それでは、何の目的があってそうした意匠を彼らは施したのだろうか?
それは、「昨年との差別化」を明確に宣言する為である。

少しでも、興味を持たれたならば調べてみては如何だろう。
ネットを検索すれば、大した手間も要しないだろう。
昨年のアーリントンカップは、どんな馬が1番人気に据えられたのかを。
そして、その1番人気馬がどんな戦歴の持ち主であるのかを。


アーリントンC・1番人気


08 ポルトフィーノ・・・3回阪神1日 新馬戦勝利(出走メンバー最速)

09 アイアンルック・・・1回小倉4日 新馬戦勝利(出走メンバー最遅)

 

上の表から両馬が如何に「対称的なデビュー」をして、アーリントンカップで1番人気を得ているのかが解るだろう。
しかし馬券を攻略する上での、重要な問題はこうした意匠を探すことではない。
何時もここでも紹介するように、これは今年主催者が考える競馬の傍証にしか過ぎないのだ。

もしそんな所に注意をしてしまっては、もしかしたら次のような結論を短絡的に出してしまいかねないのではないか?

 

昨年は出走メンバー中最速のデビュー馬、ポルトフィーノが1番人気を獲得して1着枠に入った。
だから今年は、出走メンバー中最遅のアイアンルックが1番人気に支持され1着枠に入る。
人気でもこの馬の勝利は固い・・・・・。

 

こんな論法が番組論者の中で成立するのかどうか知らないが、そんな眠い場所に真実などあろう筈ない。

会員版の事前提案では、1番人気のアイアンルックも2,3番人気をそろえた7枠も1着枠としては成立しない。
1着馬は、同種の戦歴を持った1番か5番と宣言した、今年のアーリントンカップ。

 

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+