正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




04 2018/05 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 06

:2009:09/11/15:52  ++  09 札幌2歳S・・・前年との相違



秋季番組開幕を前に、先週の2歳Sの回顧を少し。


函館競馬スタンド改修工事に伴う今夏の番組変更。
それによって御存知のように、夏季2歳重賞には捩れ現象が生じた。

従来の

函館2歳S → 新潟2歳S,小倉2歳S → 札幌2歳S

から

函館2歳S → 札幌2歳S → 新潟2歳S,小倉2歳S 

と施行順に変化が生じていた今年。


それでは、今夏の2歳S重賞は例年とは異なった競争を行ったのだろうか?
なかでも夏季番組のトリを務める札幌2歳Sに至っては、その座を新潟,小倉の両2歳Sに奪われたのだから昨年との変化は最も顕著であったのだろうか?

だが恐らくそれは間違いなのだ。
昨年との比較に於いて、今夏の2歳重賞の中で札幌2歳Sこそが最も変化のない重賞であった筈なのだ。

その事実の一端が、前年そして今年の各2歳重賞の出走頭数の比較から垣間見ることが出来る。


08 夏季2歳S出走頭数

函館2歳S 15頭

新潟2歳S 15頭

小倉2歳S 16頭

札幌2歳S 14頭

09 夏季2歳S出走頭数

函館2歳S 16頭

新潟2歳S 18頭

小倉2歳S 15頭

札幌2歳S 14頭


御覧のように、札幌2歳Sだけがその出走頭数を前年と等しくしている事実は案外重い。
今夏の2歳重賞のなかで、唯一例年と変化のなかった重賞。
それが、札幌2歳Sなのだ。

何故なら札幌2歳Sの施行条件である、夏季番組最終週・土曜日・札幌競馬】というスタンスは実は何ら例年が変化がないのだから。
そういった観点から今夏の番組を振り返れば、函館2歳Sは御存知のように代替札幌競馬場で。
そして、新潟,小倉の両2歳Sが「夏季番組最終日開催」と、例年との変化が顕著に現れていることに気付くではないか。

昨年の同レースは、後のダービー馬ロジユニヴァースが制した。
今年のサンディエゴシチーには、一体どんな仕事が待っているのだろう。
それについては、また別の機会に。

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+