正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2009:11/25/18:36  ++  09 マイルCS・・・逆転決着


しばらく更新していなかったので、マイルCSの後検証を少し。

レース前の会員版事前提案に於いて私が提案したのは、昨年の同レース結果の「逆転決着」であった。
つまり、
昨年の1着戦歴が今年は2着戦歴に、そして前年2着となったスーパーホーネットの戦歴が今年の1着戦歴に採用されるという想定である。

そうした想定のなか、人気ながら1着枠として買わなければならなかったのが、カンパニーが配置された2枠ということになっていた。
つまり、私は今年の2枠こそが、昨年の2着枠である8枠との共通戦歴所持枠であると考えていたのである。
昨年の2着枠である8枠、そして今年の1着枠である2枠の出走馬の構成を改めて振り返ってみる。


08 マイルCS 8枠・・・
2着枠

16番 カンパニー・・・07マイルCS出走

17番 スーパーホーネット・・・07マイルCS出走

18番 エイシンドーバー・・・07マイルCS出走


09 マイルCS 2枠・・・
1着枠

03 マルカシェンク・・・08マイルCS出走

04 カンパニー・・・08マイルCS出走


両年の連対枠が、「前年の同レース出走歴馬」で占有されていた。
そしてその両枠に、今年の主役となるカンパニーが配置されているのは、私が冒頭で紹介した「逆転決着」の象徴馬としての役割を彼が持つからなのだ。


会員版では勿論、上記の理由だけで、今年の1着馬はカンパニーなどと結論付けている訳ではない。
この両枠には、他の枠には存在しない「唯一性」を所持した戦歴も含まれている。

「逆転決着」想定の理由と併せて、連載を続けていれば来年の競馬大予言あたりで紹介をしたい。

※ 今年の3枠も、2枠同様に「前年同レース出走歴馬枠」であった・・・というのは、近視眼的な指摘ということになる。

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+