正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




03 2018/041 2 3 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 05

:2009:11/29/17:37  ++  09 ジャパンカップ・・・年度代表馬決定戦


私はここ数年、夏季の2ヶ月間の休暇のなかで、会員諸氏からの問合せもあり当年の年度代表馬を逆算している。
一昨年のアドマイヤムーン,昨年のウオッカと。

それを受ける今年、年度代表馬として逆算したのはウオッカであった。
これについては、現在発売号の競馬大予言でも持論を述べた。

ウオッカがジャパンカップを勝利し、2着には4歳馬が突っ込んでくる・・・と。

ハナ差勝利のウオッカであったが、2着オウケンブルースリには絶対にウオッカを超えられない壁があったのだ。
勿論、その1つが【09年度代表馬・ウオッカ】にあることは間違いないのだが。

戦歴的にJCでのウオッカを解説するならば、このJCに自身最多の3度出走してくる理由にヒントがあった。
競馬ファン的にはマイラーのイメージすら存在するであろうウオッカ。
だが主催者の思惑は別にあるのだ。
3年越しのJC制覇にこそ意味があるウオッカであった。


さて、話変わってウオッカの今後について。
今回、早々にトップページに記事を更新した理由もここにある。

春先には年内引退の報、そしてその後の撤回。
ファンの中でさえ、このJC敗退ならば引退というイメージも多かっただろう。
また、JCを勝利してさえ、引き際を考えればここで・・・という考え方も選択肢には当然入ってくるだろう。
真実は今のところ未定である。

しかし、敢えて現段階で予見しておきたい。

恐らくウオッカは、今年の有馬記念に出走してくるだろうと。
彼女の出走こそが、ダブルスタンダードで施行された一昨年からの2年半を総括する有馬記念に相応しいのだから。


+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+