正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

:2014:01/12/21:23  ++  14 シンザン記念


圧倒的な単勝1番人気馬が出走した、今年のシンザン記念。

同馬を軸に点数を絞って・・・というのが、一般的な競馬ファンの馬券アプローチであったのだろうか。


しかし、私の興味は単勝2番人気の1番ウインフルブルーム。
主宰する会員版・正道競馬でも、同馬を絶対の軸馬として推奨。


連対といっても、正道競馬では「1,2着のどちらか・・・」といった曖昧な表現は一切しない。
1着なのか、それとも敗退させられる2着なのか。

必ず、その着順を指定することが正道競馬の醍醐味。


ウインフルブルームの2着


今年のシンザン記念を2着するのは、ウインフルブルームしかいなかった。

 

直前戦歴を「GⅠ朝日杯FS3着」で終え、1番ゲートに配置された同馬。

これと全く同様の戦歴を有した馬が、4ヶ月前の競争に出走をしていた。
ローズSのデニムアンドルビーである。


14 シンザン記念 1番ウインフルブルーム GⅠ朝日杯FS3着 単勝2番人気

13 ローズS 1番デニムアンドルビー GⅠ優駿牝馬3着 単勝1番人気 


「何故、ローズSなのか?」という説明は読者の方の御判断に任せるとして、上記2頭の共通性には納得頂けるのではないだろうか。


「ある共通性」を持つ両レースで、1番ゲートに世代頂点レースの3着馬が配置された。

単勝1番人気のデニムアンドルビーは人気に応えて1着し、単勝2番人気のウインフルブルームは2着する。


ごくごく簡単に説明すれば、ウインフルブルームの2着は以上の理由による。


勿論優勝した圧倒的人気馬ミッキーアイル1着の理由も、論拠を付けて本線に推奨。

ミッキーアイルを唯一逆転する可能性のあった馬は、4着となった牝馬ワイレアワヒネであっただろう。

 

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+