正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




08 2018/09 12 3 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 10

:2016:09/29/02:29  ++  16年秋季・トライアル競争を終えて


最後の一冠を争うトライアルレースが終了した。

今年からG3戦へと昇格した紫苑Sを含めて、ローズS,セントライト記念,神戸新聞杯と全4戦が単勝1番人気馬の勝利となった。
春の実績馬が順調に夏を過ごし、いよいよ充実の秋を迎えるべく準備万端といったところだろうか。


しかし、私の目にはそうは全く映らない。


最も順当な勝ちを拾ったのは、ローズSのシンハライト唯1頭。
これに関しては、当日の正道競馬でも同日のセントライト記念ディーマジェスティよりも固いと告知。
その一方で、同枠櫻花賞馬ジュエラーの完全敗退を報告。


シンハライトが完全な1着馬として配置された以上、いくら2番人気の櫻花賞馬でもシンハライトの揃目2着は成立しない。
枠連,馬連ともに2.1倍の4枠揃目馬券は全くの用無し。


そして、1週間後の先日の神戸新聞杯。
ローズSとは全逆の決着となることが、必然の今年。
圧倒的単勝1番人気に支持された、ダービー2着馬サトノダイヤモンドはどうしたって勝てない。
ダービー同様に、2着鉄板をブログで告知。

サトノダイヤモンドが唯一勝利出来る可能性は、1着型候補同枠ミッキーロケットとの揃目馬券だけ。

結果は御存知の通り、8枠の揃目という退屈なものであった。


しかし、改めて結果を確認すれば今年のローズSと神戸新聞杯が、全逆の競争であったことの一端を垣間見ることが出来るのではないか。


圧倒的な1,2番人気の揃目馬券2.1倍に翻弄されたローズS

6番人気の伏兵に足元を掬われた揃目の神戸新聞杯


上記2レースの結果は、10月の本番でも再現されることだろう。
 
「10月正道競馬」の会員募集

参加を御希望の方は以下のリンク先から、御名前,メールアドレス(受信設定確認ください)を御入力,送信ください。

改めて、こちらより御連絡させて頂きます。

リンク先 → http://form1.fc2.com/form/?id=73781

 

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+