正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




11 2018/12 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 01

:2018:11/17/20:38  ++  18 天皇賞(秋),エリ女・・・3歳クラシックを受けて


クラシックも終了し、秋季G1戦も折り返しとなった18年JRA競馬。そこで、今年の主催者競馬の流れを先々週,先週の天皇賞(秋),エリ女から確認しておきたい。


ところで何故、1年の流れを確認するための材料として、上記両レースを取り上げるのか。
それは、両レースが(秋季)クラシック終了後、牡馬混合,牝馬限定G1戦である為だ。


3歳世代限定G1戦を終了した直後に設計されている、天皇賞(秋)とエリ女。
両レースが、終了したクラシックに(日程的に)最も近い場所に設計されているからこそ、当年の3歳限定重賞の影響下にあるといえる。


それ故、天皇賞(秋),エリ女を考える上で当年クラシックの総括は必要であるし、逆説的に天皇賞(秋),エリ女の結果から当年クラシックに留まらず、3歳世代の競馬番組的位置付けについての再確認が可能となる訳だ。


蛇足だが、そうした意味から申し上げれば、20年以前に行われていた天皇賞(秋)は、現在のそれとは全く異なる位置付けのレースであったとも言える。
それまで天皇賞(秋)の翌週に設計されていた菊花賞が、ミレニアム2000年を機に施行順序を現在の設計順序に逆転。
エアシャカールとトーホウシデンによって演出された7枠揃目の最大の理由は、実はここにある。


2000年 菊花賞 枠連7-7 ※施行順逆転 

1着 エアシャカール

2着 トーホウシデン


因みに、秋季古馬三冠戦(天皇賞(秋),JC,有馬記念)に報奨金が設定されたのもこの年度から。
つまり、菊花賞が発信した揃目同様に、それまでの古馬世界のルールがこのミレニアム年に刷新されたことの1つの証左となるだろう。


話を戻して、今秋の天皇賞(秋),エリ女が一体どのように稼働したのか。
そのヒントとなるのは、アーモンドアイとダンビュライトとなるだろうか。
牝馬三冠を達成したアーモンドアイと、その影響により天皇賞(秋)で「出走除外」となったダンビュライト。


さて、アーモンドアイの三冠達成が、その全戦を「出走取消」発生によって支えられたことも勿論事実。
これについて、声高に説明する気持ちは毛頭ない。
しかし、だからといってその後続戦となるエリ女にも、「出走取消」の可能性があると考えた論者がいるのならばそれは全くの間違いだと断言出来る。


会員版では御紹介したが、むしろ全くの逆なのだ。
絶対に「出走取消」など発生させてはならない、今年のエリ女であった。
その理由が以下の表となる。


18年JRA競馬

牡馬混合路線 皐月賞,ダービー,菊花賞 全戦「通常運転」 → 天皇賞(秋)「出走除外」

牝馬限定路線 櫻花賞,オークス,秋華賞 全戦「出走取消」 → エリ女「通常運転」


冒頭で御紹介したように、クラシック(秋華賞含む)と重要な関連性を持つ天皇賞(秋)とエリ女。
アーモンドアイ牝馬三冠全戦「出走取消」の裏で、天皇賞(秋)ダンビュライト「出走除外」を見逃してはならなかった。
否、当然気付いていたと。
天皇賞(秋)での「出走除外」にその関連性を疑った方は、確かに多くいたのかもしれない。


しかし、本当に注目すべきは、その「出走除外」発生の天皇賞(秋)ではなく、翌週に控えるエリ女であったこと。
そこに気付かれていたのだろうか。


上表のように、「牡馬混合路線」と「牝馬限定路線」で全逆の動き(出走取消,出走除外)をした天皇賞(秋)とエリ女
だからこそ、今年のエリ女では3連単,3連複のフォーカスでは【前年エリ女出走歴馬】の3頭をピックアップして狙い撃てば良かった
対象馬の出走は6頭。
これが多いのか、少ないのか。
この6頭の中から、軸馬を選定しての狙いを推奨となった正道競馬。


会員版・正道競馬のエリ女事前提案の一部を御紹介。
本編では、両レースの同枠性等について御紹介。


天皇賞(秋)の1着枠、レイデオロとスワーヴリチャードが「17ダービー1,2着馬枠」だなんて理由は全く論外。
まったく違うアングルの同枠性が、彼らの4枠には存在していた。

そして、その同枠性は全逆の個性を有する、エリ女の1着枠6枠にリンクしているのは必然であり当然。

 

【ジャパンカップ~有馬記念,ホープフルS】正道競馬会員の入会受付中。

 対象レース全G1 6レース 会費 1万円

検証予定レースは以下の通りです。

検証予定レース

ジャパンカップ

チャンピオンズカップ

阪神JF

 朝日杯FS

有馬記念

ホープフルS
 

参加御希望の方は、以下のリンクから「ジャパンカップ参加希望」として御連絡を御願い致します。

改めて、こちらから御連絡をさせて頂きます。

正道競馬 参加希望 → http://form1.fc2.com/form/?id=73781

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+