正道 JRA競馬

会員サイトとの差別化を図る為に、若干抽象的な表現になっていることを御了承ください。
     JRA      JRA競馬番組   netkeiba   リゲイン総合研究所
「 正道 JRA競馬 」のご紹介
毎週末に施行されるJRA競馬。
そこで決定されるレース結果を含む全てが、管理,統制されています。
それを「競馬番組表」を用いて、論理的に矛盾無く解明していくサイトです。

「有料会員」の詳細については、こちら
「過去の正道」の内容については、こちら
「アカギへのメール」については、こちら
********************************************




10 2017/11 1 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

:2009:04/14/16:34  ++  09 櫻花賞・・・圧倒的な1番人気だからこそ


春季クラシック第1弾櫻花賞は、人気に応えてブエナビスタが豪快な追い込みで圧勝をした。
会員版正道競馬でも、ブエナビスタを1着鉄板として、2着候補に2頭の馬名を挙げ推奨した。

2着候補に推奨した1頭は、競馬大予言のコラムでも紹介した3着ジェルミナル。
そしてもう1頭は、2着したレッドディザイアであった。
この2頭を選択した理由は、ここでは伏せさせて頂くが、その根拠の一端に
明確な出目が存在していたことは断言出来る。

さて、今回の櫻花賞。
人気決着故に、馬券を的中された方も多いのだろう。
しかし敢えて、そうした方に問いたい。

「何故、ブエナビスタは今年の櫻花賞を勝つことが出来たのか?」と。
先週の産経大阪杯もそうであったが、絶対的な1番人気馬であるからこそ、客観的論理性を持ってその取捨を追求しなければならないと考えている。

櫻花賞に関して申し上げれば、今月施行された重賞競争の中に、ブエナビスタの1着を教唆するレースが厳然と存在していたと明言出来る。
興味のある方は、挑戦してみると良いかもしれない。
櫻花賞以前に施行された、4月開催の重賞など幾つもないだろう。

そのわずか数レースの何れかの「1着馬戦歴」が、今年の櫻花賞でのブエナビスタの劇走を完璧に教えてくれているのだ。
もし、これを首尾よく貴方が発見することが出来たならば、きっと痛感するであろう。
マスコミ報道の無責任さや、ネット情報のヌルさを。

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+